傷病手当との違い

障害年金と傷病手当を混同してしまう方も少なくありません。確かにこの二つは似ていますし、何が違うのだろうと疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。傷病手当金というのは健康保険に加入している人が業務外のケガや病気などによって働けなくなったときに受け取ることができるお金のことです。給与の2/3に該当する額を最長で1年半ほど受け取ることが可能です。健康保険協会や健康保険組合、共済組合から給付されるお金となりますから、国民健康保険に加入している人は対象となりませんから注意してください。

病院では、この二つの何が違うのかということですが、まず傷病手当は病気やケガによって働けなくなり収入を得る手段がなくなってすぐに申請してお金を受け取ることができます。ただ、1年半でピタッと支給が停止してしまうことが大きな特徴と言えるでしょう。一方の障害年金は1年半を過ぎてもまだケガや病気で働けない人を対象にしています。ここがもっとも大きな違いと言えるでしょう。傷病手当のように期間が限られているということもありませんし、症状が改善しない限りお金を受け取ることができます。これが障害年金の特徴でありメリットとも言えるでしょう。