申請について

いざというときに頼りになる障害年金ですが、どのように申請すればいいのでしょうか。基本的に障害年金の申請は個人で行うことができますし、ケガや病気で働けなくなった本人が申請を行うことは十分可能です。実際に自分で申請をしたという方もたくさんおられるでしょうし、決してできないことはありません。年金事務所と病院に数回足を運べば自分で申請できますが、この方法には一つデメリットがあります。実は、障害年金を自分で申請するとなかなか認められないことがあるのです

社労士障害年金の申請は自分でもできるものの、その申請が認められるかどうかは別問題となります。また、本来貰えるはずだった金額が少なくなるといったことも考えられますし、このようなデメリットがあることは覚えておく必要があるでしょう。ではどうすれば障害年金の申請を受理してもらえるのか、きちんと適正なお金を受け取ることができるのかということですが、おススメなのは社労士に相談することです。社労士はこの道の専門家ですし、申請を自分ですることによる失敗を回避することができます。申請にかかる時間を無駄にすることもありませんし、手間も減らせるでしょう。更新の際にも社労士に相談できます。