該当する傷病

障害年金そもそも障害年金とはどのような制度なのか、という話ですが、障害年金は病気やケガなどによって働くことができなくなった、仕事や生活が制限されるようになったというときに受け取ることができる年金制度です。病院で初めて診察を受けた日から数えて1年6ヶ月後から請求が可能になっています。障害の程度が日本年金機構の定めている基準に該当していれば年金を受け取ることができますし、病院で診察を受けるまでに加入期間の2/3以上の保険料を納めていれば受け取れます

では、具体的にどのようなケガや病気だと障害年金を申請することができるのでしょうか。細かい決まりはたくさんあるのですが、実際にはほとんどの傷病に対応しているのが現実です。障害年金を受け取るための傷病に該当しないものはほとんどないとまで言われていますし、ほぼすべての傷病において障害年金を受け取ることができるでしょう。あらゆる傷病に対応してはいるものの、稀に例外もありますからそれについては問い合わせてみることをおススメします。ただ、先ほどお話したように、ほぼすべての傷病が該当すると思いますから過度に心配することはないと思います。確認のうえ障害年金を申請しましょう。